イギリスの万里・ハドリアヌスの長城
 イギリスは、スコットランド、イングランドなどが集まった国ですが、そのイングランドとスコットランドの境界に近い形で、長城が建設されています。これが、ハドリアヌスの長城です。
Thumbnail:Steven Fruitsmaak
コーラ瓶ビル
 ラスベガスと言えば、もはや世界的に有名な、賭け事とアミューズメントの街ですよね。なので、コーラ瓶型のビルがあっても特に違和感がないかも知れません。特別にスゴイ施設という訳ではないようなのですが、ラスベガスの暑さから逃れる休憩ポイントとして覚えておくと良さそうです。
Thumbnail:By Paul Arrington from Charleston, USA (Flickr) [CC-BY-2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons
湖の小さな島に浮かぶビソバチ修道院
 クロアチア南部、アドリア海に面するダルマチア地方のクルカ川のビソバチ湖に、小さなカワイイ修道院が浮かんでいます。この修道院、ビソバチ修道院(Visovac Monastery)といいます。
Thumbnail:By Nerijp (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0-2.5-2.0-1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
海上にぽつんと浮かぶ灯台・メイデンタワー
 黒海、マルマラ海、そして地中海を結ぶ海峡の北側の海峡、マルマラ海と黒海を結ぶボスポラス海峡。その海峡には、とても美しい灯台、メイデンタワー、或いはレアンダーの塔と呼ばれる灯台があります。トルコでの呼び名は「クズクリッセ」。
Thumbnail:By michael clarke stuff (Bosphorus Maiden's Tower Uploaded by russavia) [CC-BY-SA-2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons
【北朝鮮】薄ら寒い豪華・平壌(ピョンヤン)の街
 北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)。世界のどこかにありそうな大都市なのですが、世界のどこにもない、一種独特すぎる雰囲気。大都市の「ケース」はあるのに「中身が薄すぎる」というか…
Thumbnail:By Derzsi Elekes Andor (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
巨石を飲み込むノスタルジー・モンサントの村
 ポルトガルの内陸部、スペインとの国境付近にとてもノスタルジーな雰囲気をもっている田舎の村があります。赤い屋根と素朴な石積みの壁の村。数件、巨石が食い込んでいるあまりにインパクトな家も混じっていたりする村、モンサントです。
Thumbnail:By Realpeterpan, Oona Schumacher [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0) or GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html)], via Wikimedia Commons
遊園地の廃墟・ワンダーランドアミューズメントパーク
 中国バブルによる無数の建造物。中には計画が頓挫したり、人が集まらなかったりで放置される建物もたくさんあります。この北京郊外にあるテーマパークもその一つ、「ワンダーランドアミューズメントパーク」と呼ばれています。
By Tormod Sandtorv (http://www.flickr.com/photos/tormods/7416462642/) [CC-BY-SA-2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons
崖に無数の四角い穴・パンターリカのネクロポリス
 イタリア半島、ブーツのつま先部分にある大きな島、シチリア島の東南部分に、まるで蜂の巣のような、渓谷の崖に穴が無数に空いているところがあります。パンターリカのネクロポリス、或いはパンターリカの岩壁墓地遺跡などと呼ばれています。
Thumbnail:By Salvo Cannizzaro (http://www.panoramio.com) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
絶壁の小島に寂しすぎる一軒家・エトリザエイ島
 絶景系サイトなどでよく見かけませんか? この緑の絨毯の絶壁の小島とその真ん中にぽつんと建つ一軒家の写真。これ、実はアイスランドのヴェストマン諸島に存在しています。名前は「Elliðaeyエトリザエイ島と言います。
Thumbnail:By Hansueli Krapf (User:Simisa) (Own work) [CC-BY-SA-2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5)], via Wikimedia Commons
谷の崖をまたぐ橋教会・ラス・ラハス・サンクチュアリ
 コロンビアからエクアドルに向かって流れるグァイタラ川(Río Guáitara)の両国の国境付近は、切り立った谷が続いています。そこに、珍しい形の教会が存在します。ラス・ラハス・サンクチュアリ、或いはラス・ラハス教会という教会です。
Thumbnail:By Cdloaiza (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
謎の顔の滝・スワロフスキー・クリスタルワールド
 大地に横たわる緑の巨大な顔の口から水が流れでる。…緑の顔の滝…。このインパクトと来たら、半端ではありません。この顔、オーストリアの西の外れ、アルプス山脈の麓のチロルにあるスワロフスキー・クリスタルワールドと言う美術館にあります。
Thumbnail:By Cezar Suceveanu (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
1000の小島にコテージ一軒ずつ・サウザンド諸島
 五大湖と太平洋を結ぶセントローレンス川のオンタリオ湖側には、1864もの小島が浮いている地域があります。サウザンド諸島です。そこにある小さな小島には、コテージが一軒建っていたり、お城が一軒建っていたりと、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような風景が広がります。
Thumbnail:Omegatron
豪華すぎる王の脱出口・井戸階段ラニ・キ・バブ
 インド周辺の特有の巨大な階段井戸ですが、このインド西部、クジャラートのパタンにある「ラニ・キ・バブ」もかなりスゴイものでした。
Thumbnail:By Vtanurag (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
謎の同心円テラス・モライ
 巨大な謎の同心円の穴。これは、これまた謎が多いインカ帝国の遺跡で、ウルバンバの街付近にあります。モライと呼ばれる穴です。
Thumbnail:By McKay Savage from London, UK [CC-BY-2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons
木々の梢を歩く・空中の遊歩道バウムヴィプフェルプファット
 ドイツのバイエルン地方の一番南東の端、チェコとオーストリアの国境付近には大きな森が広がっています。コレがバイエルンの森。流石森の国ドイツなのか、ここでは木の頂上付近、およそ10m付近の空中を歩き、森を隅まで堪能することが出来ます。
Thumbnail:By Franzfoto (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0-2.5-2.0-1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
不思議な巨大天文建造物・ジャンタル・マンタル
 インドはニューデリーの南西、大都市ジャイプール・別名ピンクシティーの中心部に、巨大で不思議な建造物群があります。これが18世紀に建造された天文計算機の建造物、ジャンタル・マンタルです。
Thumbnail:File:Yantramandir01.jpg - Wikimedia Commons
ベルサイユ島の日本庭園
 フランスの中でも有数の水運の街ナント。その中心部北側を流れるエルドル川には、巨大な中洲の島があります。これがベルサイユ島です。その島、ナント日本庭園になっているんです。
Thumbnail:By This photo was taken by Eusebius (Guillaume Piolle). Feel free to reuse it, but always credit me as the author as specified below. (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons
圧巻の無数の井戸階段・チャンド・バオリ
 インド中央部、ニューデリーの南に230kmほど行った場所に、深い階段井戸があります。その井戸は、まるで精密なモザイク模様のようになっています。ここが、インドでも海外でも有名なスポット、チャンド・バオリの階段井戸です。
Thumbnail:By Vibhakar86 (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
蔓に覆われたお城の廃墟・モイドラム城
 アイルランド島のほぼど真ん中、アスローンと言う街の近くに蔓に覆われた良い感じのお城の廃墟があります。モイドラム城です。
Thumbnail:See page for author [GFDL (www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)], via Wikimedia Commons
沈むオランダ島
 アメリカはメリーランド州、東海岸の大きな湾、チェサピーク湾にとても印象的な島がかつてありました。現在は満潮時に海に沈んでしまう島です。この写真は、沈む島に最後に残された一軒家です。
Thumbnail:Holland Island Waterfront Home for Sail, Oct 2009 | Flickr - Photo Sharing! / baldeaglebluff
マニ石壁のある風景
 チベット、ネパールなどのチベット仏教寺院や、山道で見られる壮大な石版の山。コレが、マニ石と呼ばれるチベット仏教独特のモニュメントです。
Thumbnail by By DARIO SEVERI (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
ロレットチャペルの螺旋階段
 ニューメキシコのサンタフェにある、小さいけど有名な教会、「ロレットチャペル」には、不思議な階段がロフト部分へ繋がっています。
By Rotatebot /File:Loretto Chapel.jpg - Wikimedia Commons
砂漠にぽつんと建つ謎の城・カハラナ宮殿
 ヨルダンの首都アンマンから、東南東へ向かい40号線を1時間ほど、60kmほど進むと、砂漠の上にぽつんと建つお城が見えてきます。妙に綺麗な立方体…いえ、正直方体?とでも言うような…コレが、カハラナ宮殿、或いはクハラナ宮殿です。このお城の現地での呼び名ですが、「ク」或いは「カ」の音はほとんど聞き取れないため、日本語表記では「ハラナ城」という固有名詞が一般的だと言うことです。
Thumbnail:By High Contrast (Own work) [CC-BY-3.0-de (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/de/deed.en)], via Wikimedia Commons
チャカルタヤと崖上ハウス
 ボリビアには、ブラックジャックの家があります。スイマセン、分かる人にしか分からないジョークです。この崖上の家、首都ラパスの本当にすぐそばの山なのに、とてつもなく壮大な山、チャカルタヤのスキーリゾートの建物です。
Thumbnail:By Joan Simon (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0-2.5-2.0-1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
リアル絵本の家・ストーリーブック・ハウス
 今回は、旅行から少し離れて、世界の「リアル絵本の家」をフリッカーから集めてみようという企画。ホビットとか、魔女とか、フェアリーとか、ムーミンとか、バーバパパ(わかります?)とかが住んでいそうな家々です。
Thumbnail:By Bobak Ha'Eri (Own work) [CC-BY-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons
墓地なのに可愛い・メリー墓地
 ルーマニア北部、ウクライナとの国境付近の山間に、メリー墓地というカラフルな墓地があります。メリーというのは、メリーさんではなくて「明るい」「快活な」などという意味です。その意味そのままに、カラフルな屋根付き、絵付きの墓標が無数に立ち並んでいます。
無数の尖塔が美しい・ボーヴェ・カテドラル
 フランスのパリからおよそ100km車で北上したところに、ボーヴェという街があるのですが、そこに巨大で無数の尖塔が突き出た美しい大聖堂が建っています。これが、「ボーヴェ・カテドラル」「ボーヴェ大聖堂」です。
Thumbnail:By Pepijntje (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons
【ブルネイ】庶民の水上集落・カンポン・アイール
 ボルネオ島のお金持ちの国ブルネイ。日本の一県くらいの面積の小さな国なのですが、天然資源が豊富で非常に潤っている国なのですが、一見「これ、スラム?」と見まがう街が…。しかも水上にくたびれた家が建ち並んでいます。これが、「カンポン・アイール」です。
Thumbnail:By Hajotthu (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons
タコっぽい宮殿・パレ・ビリュ・デ・ピエール・カルダン
 パレ・ビリュ・デ・ピエール・カルダン。表記はフランス語を英語風に読んだもの(何故かアルファベット文字を使う言語であれば、英語でなくとも日本語表記にするとき英語読みをする、日本語表記にはそういう慣習があるらしい…?)で、フランス人には一切通じないと思いますが…意味は「ピエールカルダンの宮殿」と言う意味です。赤い丸い物体が寄り集まった不思議な宮殿で、多分一般人は…ですが、それにしても奇妙な建物です。
Thumbnail:Par Guitarheroe13 (Travail personnel) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
【スリランカ】プライベートアイランド・タプロベイン
 今回もセレブ向けなロケーションの紹介です。現在スリランカも治安が落ち着いてきているそうで、ダイナミックな世界遺産を見に行くチャンスだと思うのですが、そんなスリランカ旅行を完璧に満喫する拠点になるかも知れないプライベートアイランドが、今回の「タプロベインアイランド」です。
Thumbnail:Malaka Mp/www.taprobaneisland.com/taprobane.html

主要タグ
廃墟一覧廃墟
 廃墟のカテゴリ。だいたい18~19世紀以降の味のある廃墟を集めたカテゴリ一覧ページです。
遺跡一覧遺跡
 18~19世紀以前の、歴史の深い廃墟、「遺跡」のカテゴリーです。
古城一覧古城
 それぞれの歴史が眠る「古城」のカテゴリーです。
変な建物・一覧変な建物
 主に近代になって建てられたユニークで面白い建物を集めたカテゴリーページです。デザイン・アート建築物。
ノスタルジックな村と街・一覧ノスタルジックな村と街
 行ったこともない、なじみのない文化が溢れる村なのに何故か懐かしいというのをテーマに集めた村カテゴリ。歴史のある街や都市などもこちら。
不思議・壮大な地形・一覧不思議・壮大な地形
 地球のすごさが実感できる、ダイナミックな地形、何万年もかかって作られる芸術作品など。不思議な現象もここに。
世界一の一覧世界一の一覧
 高さ、大きさ、広さの世界一、独自・世界唯一のロケーションはどこにある?
みんなの行きたい場所(集計結果)みんなの行きたい場所(集計結果)
 皆様が押してくれた、行ってみたい場所の集計結果です。
他の国も覗いてみる?
アイスランド (12)    アイルランド (6)    アメリカ (91)    アラブ首長国連邦 (3)    アルジェリア (1)    アルゼンチン (4)    イエメン (5)    イギリス (53)    イタリア (22)    イスラエル (2)    イラク (1)    イラン (7)    インド (24)    インドネシア (5)    ウクライナ (4)    エジプト (6)    オーストラリア (18)    オーストリア (7)    オランダ (8)    カナダ (23)    カンボジア (2)    ギリシャ (11)    コスタリカ (2)    クロアチア (7)    グルジア (3)    ケニア (2)    コロンビア (3)    サウジアラビア (3)    シンガポール (5)    スウェーデン (9)    スイス (7)    スペイン (30)    スロベニア (6)    スロバキア (4)    セーシェル (3)    セルビア (3)    タイ (6)    チェコ (4)    チリ (10)    デンマーク (4)    ドイツ (20)    トルコ (10)    ナミビア (3)    ニュージーランド (7)    ノルウェー (12)    パナマ (2)    パラオ (1)    ハンガリー (1)    フィリピン (5)    ブータン (2)    ブラジル (13)    フランス (29)    ブルガリア (7)    ベトナム (5)    ベネズエラ (2)    ベルギー (5)    ペルー (6)    ポーランド (5)    ボリビア (7)    ポルトガル (8)    マダガスカル (1)    マルタ (3)    マレーシア (5)    ミャンマー (3)    メキシコ (7)    モルジブ (1)    モンテネグロ (3)    ヨルダン (3)    ルーマニア (5)    ロシア (13)    日本 (24)    中国 (28)    台湾 (5)    韓国 (1)    南アフリカ (4)    小国など (36)    世界 (20)    メニュー (16)    宇宙 (3)   
検索
Page Top
お国自慢掲示板 | RSSフィード | 当ブログについて。 | ライター情報 | 旅行サイト・ブログオーナー様へお願い
アクセスランキング ブログパーツ Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ