峨眉山と杜子春(中国

峨眉山と杜子春
 成都から南へ160kmほど進んだ場所に、中国の三大霊山の一つの「峨眉山」があります。この峨眉山、兎に角雲海が美しいんです。峨眉山の周辺を覆う雲の様子は、まさしく雲の海。
Thumbnail:By Staceynyx (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (www.creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
Sunrise at Eimei Shan

 船か何か持ってきたら、本当に浮かんでしまいそうです。
 峨眉山は、標高3098m。富士山より若干低い程度です。
 成都、そしてこの峨眉山のある四川盆地では、年間を通して雨量が多く湿潤で、夜になると、放射冷却で冷やされた地面が空気をどんどん冷やし、たっぷり水分を含んだ空気が霧となって、そしてこの周りを山に囲まれた地形により、溜まりにたまった雲になるのだそうです。
 この雲海を見られる確率が高いのは、朝という訳ですね?
 それにしても、凄い。

Mount Emei

 この峨眉山、日本人には「杜子春」が修行した場所としてなじみがあるのではないでしょうか?

 お金持ちの息子だった杜子春は、そのお金を散財し、乞食になります。
 しかし、不思議な老人と出会い、「ここを掘りなされ」と言われて掘ったら、黄金が出てきて大金持ちに。
 しかし、これまた散財してしまいます。
 しかし、またもや不思議な老人と出会い、「ここを掘りなされ」と…。
 すると、再び黄金が。しかし、懲りずにまた散財してしまいます。

 3度目に訪れた杜子春は、「金持ちの自分は周囲からちやほやされるが、一文無しになれば手を返したように冷たくあしらわれる。」と、人間に愛想を尽かしていたそうです。
 その老人が仙人だと見抜いていた杜子春は、自分も仙人になりたいと、仙術の教えを請います。老人は、ならばと杜子春を峨眉山へと連れて行きます。

 仙術を覚えるための試練が待っていました。
 老人が帰ってくるまでは、何があっても口を利いてはならないと言われ、杜子春はその言いつけを固守します。
 虎や大蛇に襲われても、彼の姿を怪しんだ神に突き殺されても、地獄に落ちて責め苦を加えられても、杜子春は口を利きませんでした。怒った閻魔大王は、畜生道に落ちた杜子春の両親を連れて来させると、彼の前で鬼たちにめった打ちにさせる。無言を貫いていた杜子春だったが、苦しみながらも杜子春を思う母親の心を知り、耐え切れず「お母さん!」と一声、叫んでしまったそうです。

 叫んだとたん、元の「洛陽の街」に戻されます。すべては仙人の見せた幻でした。
 これからは人間らしい暮らしをすると言う杜子春に、仙人は泰山の麓にある一軒の家と畑を与えて去っそうです。
(引用:杜子春

 これ、私は確か国語の教科書か何かで読んだ覚えがあります。
 仙人になるには、自分の親が苦しんでいようとも、それを無視出来る心が必要だと言うことでしょうか?

 この峨眉山の雲海を見ると、この不思議な話がより心に染みこんできますよね。

Mount Emei China Total solar eclipse 07/22/2009

Mount Emei China Total solar eclipse 07/22/2009

 4大霊山の一つだけあって、仏像や寺社をはじめとした仏教由来の施設が多いのも特徴です。普賢菩薩の霊場だそうです。
 ちなみに、この峨眉山には猿がいるそうで、売店で購入すれば、猿に餌を与えることも出来ます。しかし、日本でも一時期話題になった記憶がありますが、ここの猿も結構凶暴だそうで、ポテチなどをつまみながら歩くのはかなりキケンだとのこと。

 どちらにしても、ここは霊山と言うだけあって、手つかずの自然が残っている場所ですから、環境を汚すのは良くないかも。動植物の種が非常に多い、野生天国ですから。



このエントリーをはてなブックマークに追加
この場所をブログのネタにする 

主要タグ
廃墟一覧廃墟
 廃墟のカテゴリ。だいたい18~19世紀以降の味のある廃墟を集めたカテゴリ一覧ページです。
遺跡一覧遺跡
 18~19世紀以前の、歴史の深い廃墟、「遺跡」のカテゴリーです。
古城一覧古城
 それぞれの歴史が眠る「古城」のカテゴリーです。
変な建物・一覧変な建物
 主に近代になって建てられたユニークで面白い建物を集めたカテゴリーページです。デザイン・アート建築物。
ノスタルジックな村と街・一覧ノスタルジックな村と街
 行ったこともない、なじみのない文化が溢れる村なのに何故か懐かしいというのをテーマに集めた村カテゴリ。歴史のある街や都市などもこちら。
不思議・壮大な地形・一覧不思議・壮大な地形
 地球のすごさが実感できる、ダイナミックな地形、何万年もかかって作られる芸術作品など。不思議な現象もここに。
世界一の一覧世界一の一覧
 高さ、大きさ、広さの世界一、独自・世界唯一のロケーションはどこにある?
みんなの行きたい場所(集計結果)みんなの行きたい場所(集計結果)
 皆様が押してくれた、行ってみたい場所の集計結果です。
他の国も覗いてみる?
アイスランド (12)    アイルランド (6)    アメリカ (91)    アラブ首長国連邦 (3)    アルジェリア (1)    アルゼンチン (4)    イエメン (5)    イギリス (53)    イタリア (22)    イスラエル (2)    イラク (1)    イラン (7)    インド (24)    インドネシア (5)    ウクライナ (4)    エジプト (6)    オーストラリア (18)    オーストリア (7)    オランダ (8)    カナダ (23)    カンボジア (2)    ギリシャ (11)    コスタリカ (2)    クロアチア (7)    グルジア (3)    ケニア (2)    コロンビア (3)    サウジアラビア (3)    シンガポール (5)    スウェーデン (9)    スイス (7)    スペイン (30)    スロベニア (6)    スロバキア (4)    セーシェル (3)    セルビア (3)    タイ (6)    チェコ (4)    チリ (10)    デンマーク (4)    ドイツ (20)    トルコ (10)    ナミビア (3)    ニュージーランド (7)    ノルウェー (12)    パナマ (2)    パラオ (1)    ハンガリー (1)    フィリピン (5)    ブータン (2)    ブラジル (13)    フランス (29)    ブルガリア (7)    ベトナム (5)    ベネズエラ (2)    ベルギー (5)    ペルー (6)    ポーランド (5)    ボリビア (7)    ポルトガル (8)    マダガスカル (1)    マルタ (3)    マレーシア (5)    ミャンマー (3)    メキシコ (7)    モルジブ (1)    モンテネグロ (3)    ヨルダン (3)    ルーマニア (5)    ロシア (13)    日本 (24)    中国 (28)    台湾 (5)    韓国 (1)    南アフリカ (4)    小国など (36)    世界 (20)    メニュー (16)    宇宙 (3)   
検索
Page Top
旅行記登録のお願い

実際にここに行って、ブログを書いたよ!ホームページを更新したよ!という方が居られましたら、是非ともご一報ください。詳しくはこちらから。

実際の旅行記登録

Comment
感想・つぶやき・雑談
 管理者にだけ表示を許可する

お国自慢掲示板 | RSSフィード | 当ブログについて。 | ライター情報 | 旅行サイト・ブログオーナー様へお願い
アクセスランキング ブログパーツ Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ