ペルシアの美しい光の橋・ハージュ橋(イラン

ペルシアの美しい光の橋・ハージュ橋
 イランの中でも最も美しいとされるイスファハーンの街。その街には、世にも美しい水門付きでダムの役割も果たす「ハージュ橋」があります。24コのアーチ型の橋脚を備え、40を超えるアーチがその上部に乗っかり、夜は非常に美しくライトアップされます。
Thumbnail:By sohrab b.m (Self-photographed) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)], via Wikimedia Commons
Half the World
By Mohamed Somji

Khaju Bridge, Isfahan
By Hamed Saber

 これは…。イスファハーンは、「イランの真珠」と褒め称えられることがあるそうですが、この橋は正に…
 整列した光の玉が帯になって川面に反射しています。
 コレは1650年、ペルシアのサファヴィー朝と言われる王朝の時代の建築です。ヨーロッパの建築様式も取り入れられ、イスラム建築の熟成期に当たる時期に建設されたモノです。
 日本では江戸時代初期、島原の乱などが起こる安定しはじめた時期に、ヨーロッパでは魔女狩り、植民地との三角貿易時代ですね。ちなみにアメリカでは植民地の時代で、各国がどんどんヨーロッパ文化を移植していた時代です。
 付近では、インドの巨大帝国・ムガル帝国があり、反対側にはオスマン帝国、北側にはロシア帝国と、スゴイ有名な歴史上の国々が勃興した時代です。
 そんなさなかの、中央アジアの世界有数の巨大都市での建築物ですね。実際は、イスファハーンは若干衰退を見始めていた頃かも知れません。まあ、今回の「ハージュ橋」はそれほど周囲の歴史と絡み合っているわけではないのですが、とりあえず人類の文化が成熟しはじめた頃の時代です。無意味なうんちくでしたね…(汗)

 話を戻して、ハージュ橋です。
 長さは133m、幅は12mの多目的な橋です。
 前述したように水門が付いていて、ダムの役割を果たし、灌漑農業の農地に水を送る機能を持っています。また、広めの幅の橋では、住民達の集会の場所としても利用されます。イスファハーンは完全に砂漠の気候ですから、川の涼しさ、農業用水を供給する重要なダムなど、この地域にとって重要なごく実用的な機能も持っているんですね。単なる飾り立てた橋ではないところが、侮れないヤツですね。

Under the Bridge
By Alan

Pont Khaju, Isfahan
By Sebastià Giralt

Pont Sio Seh, Isfahan, Iran
By Sebastià Giralt

 いや、気持ちよさそうです。ちょっと、東京にもこういうところ作りましょうよ的な…建物のクーラーもイイですが、川の水天然クーラーにはかなわないでしょうよ的な…全部暗渠になっちゃってるのか的な…残念的な…
 イスファハーンは、イラン旅行では外せない観光地になりそうですから、このハージュ橋で小休止もオツなモノかも知れません。でも、出来ればやはり夜に訪れたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この場所をブログのネタにする 

主要タグ
廃墟一覧廃墟
 廃墟のカテゴリ。だいたい18~19世紀以降の味のある廃墟を集めたカテゴリ一覧ページです。
遺跡一覧遺跡
 18~19世紀以前の、歴史の深い廃墟、「遺跡」のカテゴリーです。
古城一覧古城
 それぞれの歴史が眠る「古城」のカテゴリーです。
変な建物・一覧変な建物
 主に近代になって建てられたユニークで面白い建物を集めたカテゴリーページです。デザイン・アート建築物。
ノスタルジックな村と街・一覧ノスタルジックな村と街
 行ったこともない、なじみのない文化が溢れる村なのに何故か懐かしいというのをテーマに集めた村カテゴリ。歴史のある街や都市などもこちら。
不思議・壮大な地形・一覧不思議・壮大な地形
 地球のすごさが実感できる、ダイナミックな地形、何万年もかかって作られる芸術作品など。不思議な現象もここに。
世界一の一覧世界一の一覧
 高さ、大きさ、広さの世界一、独自・世界唯一のロケーションはどこにある?
みんなの行きたい場所(集計結果)みんなの行きたい場所(集計結果)
 皆様が押してくれた、行ってみたい場所の集計結果です。
他の国も覗いてみる?
アイスランド (12)    アイルランド (6)    アメリカ (91)    アラブ首長国連邦 (3)    アルジェリア (1)    アルゼンチン (4)    イエメン (5)    イギリス (53)    イタリア (22)    イスラエル (2)    イラク (1)    イラン (7)    インド (24)    インドネシア (5)    ウクライナ (4)    エジプト (6)    オーストラリア (18)    オーストリア (7)    オランダ (8)    カナダ (23)    カンボジア (2)    ギリシャ (11)    コスタリカ (2)    クロアチア (7)    グルジア (3)    ケニア (2)    コロンビア (3)    サウジアラビア (3)    シンガポール (5)    スウェーデン (9)    スイス (7)    スペイン (30)    スロベニア (6)    スロバキア (4)    セーシェル (3)    セルビア (3)    タイ (6)    チェコ (4)    チリ (10)    デンマーク (4)    ドイツ (20)    トルコ (10)    ナミビア (3)    ニュージーランド (7)    ノルウェー (12)    パナマ (2)    パラオ (1)    ハンガリー (1)    フィリピン (5)    ブータン (2)    ブラジル (13)    フランス (29)    ブルガリア (7)    ベトナム (5)    ベネズエラ (2)    ベルギー (5)    ペルー (6)    ポーランド (5)    ボリビア (7)    ポルトガル (8)    マダガスカル (1)    マルタ (3)    マレーシア (5)    ミャンマー (3)    メキシコ (7)    モルジブ (1)    モンテネグロ (3)    ヨルダン (3)    ルーマニア (5)    ロシア (13)    日本 (24)    中国 (28)    台湾 (5)    韓国 (1)    南アフリカ (4)    小国など (36)    世界 (20)    メニュー (16)    宇宙 (3)   
検索
Page Top
旅行記登録のお願い

実際にここに行って、ブログを書いたよ!ホームページを更新したよ!という方が居られましたら、是非ともご一報ください。詳しくはこちらから。

実際の旅行記登録

Comment
感想・つぶやき・雑談
 管理者にだけ表示を許可する

お国自慢掲示板 | RSSフィード | 当ブログについて。 | ライター情報 | 旅行サイト・ブログオーナー様へお願い
アクセスランキング ブログパーツ Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ